ランキングでアミノ酸が入ったサプリメントの評判が分かる

夫婦

高齢による障害を緩和する

生薬

高齢による障害

更年期になると、女性ホルモンの量が減少する為、脳の働きとバランスが取れなくなる事によってホルモンバランスが乱れます。ホルモンバランスが乱れる事によって、体がほてったり大量の汗をかいたりする症状が表れます。更年期は高齢によるとは限らず、30代でも発症する事があり個人によって症状の重さや発症の時期が異なります。無理なダイエットや不規則な食生活や生活習慣がこれらの原因になる事もあるとされています。肩こりや腰痛、手足がしびれたりする運動器官系の症状や、イライラしたり不安になったり神経質になったりする精神的症状。吐き気やおう吐などの消化器系の症状や月経異常などの生殖器系の症状などがあり、一度にたくさんの症状が同時に現れる事もあります。

症状を緩和させる

更年期の症状を緩和させる為には、薬を飲んだり注射をしたりして抑制する事も可能ですが、病気でないと自覚している人には大きな抵抗があります。この様な場合には、漢方を使って症状を抑制する事も可能です。本格的な漢方を服用する為には、専門医の診断などが必要になりますが、副作用の心配が極めて少ないので安心して服用する事が出来ます。更年期障害の症状を緩和させる漢方として、田七人参や高麗人参などのサポニンが含まれている物が効果的です。これらは女性ホルモンの分泌を促し、自律神経を調節する作用があります。加味逍遥散はホルモンバランスを整える作用がある漢方であり、体を温める効果や不安定な精神を落ち着かせてくれる効果があります。